はんなり商店

落ち着いた華やかさがあり、上品に明るく陽気なさまを表す。

virtualbox上のubuntuでrails開発環境構築ガイド

開発環境をクリーンにする個人的な3つの禁止事項という記事を読んで、イイネ!ということで、仮想local開発環境を作成する試み。
ubuntu10.04にRuby on Rails開発環境とその他もろもろを作ってみよう。ただ、サーバの知識独学だからほぼ、手探りかつ間違っているかもだけど。
ちなみに、virtualboxは3.2.12を使用します。そして、virtualboxからubuntuを使用する方法はどこかで見つけるのが吉。

環境

virtualboxubuntuのダウンロード

ページが見つかりません | Ubuntu Japanese Team


Proxyの設定
必要なければいらない。

  1. システム
  2. 設定
  3. ネットワークのプロキシ

ubuntu10.04LTSへのアップグレード

UbuntuTips/Install/UpgradeLucid - Ubuntu Japanese Wiki

8.04 LTSから10.04 LTSへのアップグレード
Ubuntuデスクトップのネットワークアップグレード(推奨)
以下の手順でネットワーク越しに簡単にアップグレードすることができます。

  1. Alt+F2を押して、update-manager --devel-releaseと入力します。
    • Notes: LTS Upgradeに限り、-d/--devel-releaseオプションが必要です。
  2. 再チェックボタンをクリックして新しいアップデートを確認します。
  3. インストールすべきアップデートがあれば、アップデートをインストールするボタンを使ってパッケージをアップデートし、アップデートが終わった後に再び再チェックボタンを押します。
  4. 新しいリリースが利用できる事を通知するメッセージが現れます。
  5. アップグレードをクリックします。
  6. 画面に表示される手順に従ってください。

VBOXADDITIONSのインストール

  1. virtualboxのデバイス
  2. CD/DVDデバイス
  3. VBoxGuestAddition.iso

デスクトップにCDのアイコンが見えると思うので(見えなければHOMEディレクトリから)右クリックして表示されるコンテキストメニューから「オートランの問合せで開く」を選択
rootパスワード入力
コンソールが立ち上がってちょっと待ってたらインストールが終わる。
Doyou wish to continue anyway? → yes
再起動。


ソフトウェアを最新状態にする
このとき、プロキシが設定されている場合、システム全体に適用しておかないと効かない場合がある。

  1. システム
  2. システム管理
  3. アップデート・マネージャ
  4. 再チェック
  5. アップデートをインストール

sudo apt-get autoremove

とりあえずここまでで、クリーンな初期状態ができた。
アップグレードとか多少時間かかるから、この時点で、virtualboxならスナップショットとか取っておくと良いかも。(便利やなぁ。)


rubyrubygemsrailsのインストール
プロキシはさんでる場合、~/.gemrcに記載が必要。

プロキシ設定している場合はこれが必要

vi .gemrc

http_proxy: http://[proxy server]:[port]

rails インストール

あとはここを参考に
でらてーげー(^_^)/:【覚書】Ubuntu10.04LTSにRails3をスマートにインストールする


vim関連のインストール