そうそうそれ!

と言ってもらえるように頑張ります

proxy環境下でユーザ毎にrvmをインストールする

概要

proxy環境下でユーザ単位のrvmをインストールする。

curlのインストール

rvmインストール時に必要っぽいのでcurlが無い場合はインストールしておく。
念のためapt-getをupdateしておく。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install curl

proxyの設定

ユーザ毎に有効なの環境変数を.bash_profileに記載する。
curlのmanを見るとhttp_proxyのみ小文字という制限があったので
メンドクサイからhttp、httpsftpの使われそうなプロトコルに関して小文字、大文字でproxyを設定しておく

$ cd $HOME
$ vim ~/.bash_profile

.bash_profile

export http_proxy=":"
export https_proxy=":"
export ftp_proxy=":"
export HTTP_PROXY=":"
export HTTPS_PROXY=":"
export FTP_PROXY=":"

編集した.bash_profileをリロードする

$ source ~/.bash_profile

※.bash_profileがなければ作る

rvmのインストール

rvmのホームページを参考にコマンドを実行していく。
RVMのインストール

$ bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)

.bash_profileのリロード

$ source ~/.bash_profile

rvmでrubyをインストールするのに必要なライブラリが表示されるので指示に従ってインストールする。

$ rvm requirements

Additional Dependencies:
# For Ruby / Ruby HEAD (MRI, Rubinius, & REE), install the following:
  ruby: /usr/bin/apt-get install build-essential openssl libreadline6 libreadlin e6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev libsqlite3-0 libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt-dev autoconf libc6-dev ncurses-dev automake libtool bison subversion
$ sudo apt-get install build-essential openssl libreadline6 libreadlin e6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev libsqlite3-0 libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt-dev autoconf libc6-dev ncurses-dev automake libtool bison subversion

ruby1.9.3のインストール

$ rvm install 1.9.3

rvmでrubyを使用する

デフォルトで使用するrubyをインストールした1.9.3にする

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2010-08-16 patchlevel 302) [i686-linux]
$ rvm use 1.9.3 --default
$ ruby -v
ruby 1.9.3p125 (2012-02-16 revision 34643) [i686-linux]

システムのrubyに戻す場合

$ rvm use system

rvmにインストールされているバージョンを確認する

$ rvm list